専門コース

専門コース 専門コース
準備シーン

ひとりで避難できますか?避難行動を支援してくれる制度を知ろう!

「ひとりで避難できない」を解決する「避難行動要支援者登録制度」災害が起きたら、ひとりで避難できない人はどうするか、知っていますか?「避難行動要支援者登録制度」は、そんな人のための制度です。災害が起きる前に、この制度に登録しておくと、地域の人...
準備シーン

避難所で周囲の方に配慮や支援が必要なことを伝えるために!『災害時等障害者支援バンダナ』

外見からは支援が必要であることが分からない障害のあるかた、意思表示が難しいかたが、災害時に援助や配慮が必要であることを周囲に知ってもらいやすくするためのバンダナです。避難するまでの間に身に着けたいかたへ、国分寺市が配布を行っています。このバ...
準備シーン

「あなたの支援が必要です」を伝える大切なカード『ヘルプカード、ヘルプマーク』

『ヘルプカード、ヘルプマーク』は、「あなたの支援が必要です」を伝えるカードです。障害があって、緊急や災害のときに、周りの人に気を使ってほしい人や、手伝ってほしい人が使います。周りの人は、このカードを見て、どうやって助けるかわかります。ヘルプ...
情報収集シーン

いつでもスマホの充電ができる『自立型ソーラースタンド』

被災時の情報収集に必要不可欠な携帯電話(スマートフォン)。バッテリー残量が残り少ないときは焦りますよね。自立型ソーラースタンドは、太陽光発電のパネルから携帯電話に充電できるスポットです。市内5ヶ所に設置されています。設置されている施設の開館...
避難行動シーン

安全が確認されてから開所される『二次避難所』

災害が起きたときに、お年寄りや体の不自由な人、赤ちゃんなどの困っている人を主に助けるための場所が「二次避難所」です。この場所は、地域センターや公民館や保育園などの施設が担います。でも、災害が起きたばかりのときには、この場所は閉まっています。...
避難行動シーン

より細やかな支援が必要な方のために『福祉避難所』

福祉センターや保育園のほか、障害者施設では障害者と介護者を対象に受け入れを行います。要配慮者の状況に応じた受入れを行ない、より細かいニーズに対応するため、障害者支援施設等と協定を締結し、被災した障害者(児)やその家族を受け入れる施設を「福祉...
安否確認シーン

電話番号がわからないときに、名前で登録、検索できる伝言板『パーソンファインダー』

パーソンファインダーは、Googleが提供する、パソコンや携帯電話から誰でも利用できる安否情報の提供、検索サービスです。「安否情報を提供する」ボタンから、名前と安否情報やメッセージを入力できます。「人を探している」ボタンから、登録されている...
マニュアル

当事者と障害を知らない周囲の方々に読んでほしい『障害当事者用防災マニュアル』

防災のことを考えてみませんか障害のある方が大災害に備え適切な行動をとることによって、命を守り、必要な支援を受けられるための手助けになることを願って作成されたマニュアルです。「障害」についてよく知らない周囲の方々に、災害時に避難所等で過ごすに...
マニュアル

日頃から準備する物や避難行動要支援者の支援のポイントを知っておこう『避難行動要支援者支援マニュアル』

『避難行動要支援者登録制度』や地域の支援者が災害時支援をする際の留意点の説明、災害発生に備えて日頃から準備しておく物や避難行動要支援者の支援のポイント、避難場所などの情報がマニュアルとしてまとまっています。避難行動要支援者支援マニュアル(国...
マニュアル

いのちをつなぐ4つの手話(ことば)を覚えよう!

災害時に聴覚障害をお持ちの方は、音で危険を察知したり、避難所で情報を得ることが難しかったりします。もし、皆さんが被災時に使える簡単な手話を覚えていたら?聞こえないことに困っている方の助けになるかも知れません。ここでは、被災時に使用頻度が高い...