イメージキャラクターの愛称が「とわぷる」に決定!!

お知らせ

国分寺市障害者基幹相談支援センター、設置10周年!!

国分寺市障害者基幹相談支援センターは、地域における相談支援の中核を担う機関として、平成24年4月に設置され、令和4年4月で10周年を迎えます。

設置10周年を記念し、この度、「地域のネットワークを編んでいるひつじ」をイメージしたキャラクターを制作し、愛称を募集したところ、日本全国から応募者数532名、応募総数1,002点のご応募をいただきました。皆さまからのたくさんのご応募、誠にありがとうございました!

基幹相談支援センターは、障害のある市民やそのご家族などが困ったときの相談窓口として、これからもフットワークを軽く、関係機関や地域の皆さまとの細やかな”網の目づくり(ニットワーク)”を通じて、国分寺市全体に地域のネットワークを巡らせ、誰もが安心して暮らせる「まちづくり」を進めていきます。

「とわぷる」の由来

愛称募集コンテスト(令和3年9月~令和4年2月)で入賞しました「とわっぷ」と「しーぷる」を組み合わせた愛称です。

とわっぷには、誰もが安心、安全に暮らせる環境が

「永久(とわ)」に続いてほしいという思いが

込められています。

しーぷるには、ひつじ(シープ)がニットワークに関わる

たくさんの人たち(ピープル)を紡いでいく思いが

込められています。

とわぷるに込められた思い

とわぷるの由来

コメント

タイトルとURLをコピーしました